ハリアー80系のスマートキーの電池交換方法・電池の種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハリアー80系に乗りはじめて1年くらいしか経っていないのに急にスマートキーがきかなくなってしまいました。電池切れです。

他の車のスマートキーは1年以上電池がもっていた気がするのですが、ハリアー80系のスマートキーの電池は頻繁に使用してないのに1年ほどで切れました。なんか切れるの早い気がします。

毎回車から降りる時にリレーアタック対策もかねて節電モード(スマートキーの施錠ボタンを押しながら、解錠ボタンを2回押す)にしているのですが、予想以上に早く電池切れとなりました。

ちなみにスマートキーの電池が切れたままハリアーのドアを開けると防犯ブザー?でクラクションがブーブーブーブーと鳴り続けます。注意しましょう。

予備のスマートキーはありますが、未使用でキレイなまま置いておきたいので、とりあえず電池の切れたスマートキーのボタン型電池を交換することにしました。

次項目で詳しく説明していきますが、ハリアー80系のスマートキー電池交換の簡単な交換手順は下記の通りです。

  1. メカニカルキーを取り出す
  2. メカニカルキーを使ってスマートキーを開ける
  3. 電池を取り外す
  4. 新しい電池をセットする
  5. スマートキーを閉じる
  6. メカニカルキーをスマートキーに差し込んで戻す
  7. 動作チェック
コアラ
スマートキーきかないとマジで困るんだよな!

1.電池の種類

ハリアー80系スマートキーに使用されている電池はボタン型電池のCR2450です。最初はパナソニック製のボタン型電池が入っています。仕様は下記の通りです。

品番CR-2450
タイプコイン形リチウム電池
電圧3V
寸法約Φ24.5×5.0mm
質量約6.2g

ちなみにハリアー60系はCR2032でした。比べてみるとハリアー80系のほうが電池の寸法と質量がかなり大きくなっています。それなのにすぐ電池切れするというね。

この手のボタン型電池は、聞いたことないメーカーの数個セットになっている電池はすぐに電気切れしたり品質悪かったりと、個人的にこれまで良いことなかったので、購入するのであれば日本製が安心です。

今回はパナソニック製のボタン型電池CR2450を購入して交換しました。

パナソニック(Panasonic)
¥468 (2022/09/23 13:21時点 | Amazon調べ)
コアラ
日本製品って安心だよな!

2.電池の交換方法

電池を購入したので、早速ハリアー80系のスマートキーの電池交換をしていきたいと思います。ちなみにスマートキーを開けるのにドライバー等は必要ありません。

「メカニカルキー」という、スマートキーに内蔵されている非常用のキーを使用します。スマートキーには一見鍵がついてないように見えますが、非常用にメカニカルキーが内臓されています。

下部のように赤丸部分に「▼」マークのついた部分あるので、これを「▼」マークの方向にスライドさせて、メカニカルキー部分を引っ張ると取り出すことができます。

スマートキーからメカニカルキーを取り出す手順

下図のようにメカニカルキーが出てきますので引っ張って取り出していきます。

メカニカルキーを抜いている途中のスマートキー

無事メカニカルキーを取り出すとこんな感じです。

取り出したメカニカルキーとスマートキー

続いてスマートキーを開ける必要があります。メカニカルキーが刺さっていた場所のちょい下にへこんでいる箇所があります。下図の赤丸部分です。この部分にメカニカルキーの先端を差し込んでねじります。

パカッとスマートキーが開くはずです。

パカッと開いたスマートキー

あとは手でひらけるので完全に開きましょう。開いたら中に電池が入っています。

完全に開いたスマートキー

まずは古い電池を取り出します。電池の下にメカニカルキーを差し込んで取り出せます。既に使えない古い電池なので、多少荒くやっても気にならなかったですが、気になる人はボタン型電池とスマートキーの間に何かかませてください。

取り出し完了です。でかいし分厚いですね電池。

ボタン型電池取り外し完了したスマートキー

新しい電池を用意します。今回はパナソニック製のボタン型電池「CR2450」を購入しました。

未開封新品のパナソニック製のボタン電池CR2450

ちなみに交換前のスマートキーの電池も同じパナソニック製のボタン型電池「CR2450」が入っています。

新しいボタン型電池CR2450を取り付けます。ちなみにプラスが上です。最初に斜めに入れて上から押さえるとうまく入りました。しっかりと入るまで押し入れましょう。

電池を取り付けたらケースを閉じていきます。まずはうまく重ね合わせます。

スマートキーを閉じる

そしてカチッと音がするまでしっかりと閉めましょう。4隅を確認して空いているところがないかも確認しましょう。

4隅を完全にカチッとなるまで閉めたスマートキー

最後にメカニカルキーをスマートキーに戻していきます。

カチッと奥まで差し込めば完了です。電池交換が完了したら、念のためスマートキーがちゃんと動作するか確認してみましょう。

コアラ
1回やって交換方法が分かれば次から簡単だぞ!

3.交換後のスマートキー電池のもち

ハリアー80系のスマートキーの電池交換をしてから、10ヶ月ほど経っていますが、とりあえずこの段階では電気切れはしていません。

さすがに今回は1年以上もってくれそうですが、どうでしょうか。また電池切れしたら期間を記載したいと思います。

コアラ
2年くらいもってくれよ!

4.まとめ

以上が「ハリアー80系スマートキーの電池交換方法・電池の種類」です。

電池は消耗品なので、スマートキーを使っていたらいつかは電気切れをおこしてしまいます。電池が切れてしまってスマートキーが効かなくなってしまうと大変です。

電池切れせいている状態でメカニカルキーを差し込んでドアを開けると、防犯ブザーが鳴ります。鳴らないように設定できるのかは知りませんが、自分も一回やってしまって恥ずかしかったです。

なのでスマートキーの電池は、できれば電池切れする前に余裕をもって交換しましょう。電池切れてからでは遅いので、予備としてボタン型電池CR2450を購入して置いておくと安心です。

パナソニック(Panasonic)
¥468 (2022/09/23 13:21時点 | Amazon調べ)

その他のハリアーのアクセサリーに関する記事は、

上記の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*