iPhoneのsafariでデスクトップ用webサイトを表示する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneを使用していて、「スマホ用のWebサイトじゃなくてパソコンで見ているようなWebサイトをiPhoneで見たい」と思ったこと、ありますよね。

「スマホ用のWebサイトを表示しますか?」的なメッセージが表示されることもありますが、確認が出ることなくいきなりスマホ用のWebサイトが表示されることもあります。

基本的にスマホ用の画面のほうが見やすいのですが、パソコンで普段見ているWebサイトをスマホ用で見ると、普段見ている項目やメニューの場所が変わってしまうので、迷ってしまうことがあるんです。

なのでパソコンで普段見ているWebサイトをそのままiPhone でも見たいときがあります。そんなときに今回の「iPhoneのsafariでデスクトップ用webサイトを表示する方法」を確認してみましょう。

ちなみに下図は、例としてyahooのトップページを実際に「スマホ用」「デスクトップ用」のwebサイト表示にしたものです。

コアラ
全然違うな!

やはり「スマホ用」は文字やイラストの大きさや配置がiPhoneでも見やすくなっていますね。「デスクトップ用」は拡大しないと読めたもんじゃないですね。

それでも見慣れたサイトデザインのほうが使いやすい!という方は、デスクトップ用webサイトを表示するための設定をしていきましょう。

1.デスクトップ用webサイト表示設定方法

早速パソコンで見ているようなデスクトップ用のWebサイトをiPhoneで見るための設定をしていきましょう。

iPhoneホーム画面の「設定」を選択します。

iPhoneホーム画面の設定アイコン

設定の一覧画面を下にスクロールしていって、「Safari」を選択します。

設定の中の「Safari」の場所

Safariの設定画面の下にスクロールしていって「デスクトップ用のWebサイトを表示」を選択します。

Safariの設定画面の下にスクロールして表示される「デスクトップ用のWebサイトを表示」

デスクトップ用Webサイトを表示の設定画面で、「すべてのWebサイト」の部分のチェックをいれて設定を有効にします。

「すべてのWebサイト」の部分のチェックをいれて設定を有効にする

これでiPhoneのsafariでデスクトップ用webサイトが表示されているはずです。Webサイトを開いて確認してみましょう。

コアラ
これで完了。簡単だろ?

2.まとめ

以上が「iPhoneのsafariでデスクトップ用webサイトを表示する方法」です。

すごく簡単ですよね。またスマホ用のWebサイト表示に戻したいときは、設定画面で「すべてのWebサイト」のチェックをはずして無効にすれば戻ります。

簡単に切り替えができるので、ぜひ試してみてください。

その他の携帯・スマホ関連の記事は、

上記の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*