キーボード入力がおかしい時の切り替え・対処方法一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キーボードで入力している時に「あれ?さっきまでと入力方法がちがう??」と、突然キーボードがおかしくなってうまく入力できないことや、入力できなくなったりしたことありますよね。

突然変わって戻し方が分からなかったり、キーボードの特定の箇所が入力できなくなったりしてしまうと、非常に困ってしまいます。

特に下記の症状が多いんじゃないでしょうか。

  • 大文字になる
  • カタカナになる
  • かな入力になる
  • 数字キー押せない
  • Fキー(ファンクションキー)が効かない

今回はこの内容も含めて、キーボード入力がおかしい時の症状を直すための基本的な方法をご紹介していきます。方法が分かれば特定のキーを押すだけなので、今後キーボード入力がおかしくなった時もすぐに対処できるはずです。

※メーカーによって多少の違いはありますので、直らなかった場合はメーカーに確認してみてください。

コアラ
急にキーボード入力が変わるとイライラするよな

1.入力した英字が勝手に大文字

ローマ字入力をしているときに、Shiftキーを押していないのに大文字になってしまうときは「CapsLock」の状態を確認しましょう。

入力した英文字が大文字になってしまうときは、[CapsLock]キーが有効になっています。キーボードの「Shiftキー + CapsLockキー」を押すことで設定を解除しましょう。

「Shiftキー + CapsLockキー」を押すキーボードのイメージ

一部のキーボードには「CapsLock」の状態かどうかを示すインジケーターのランプが付いているので、その場合はここから確認できます。

【解決方法】

「Shiftキー + CapsLockキー」を押す

 

2.かな入力を直す

かな入力はキーボードに書いてあるひらがなで入力する方法です。ローマ字入力をしようとしているときにこのかな入力になっていると、まったくと言って良いほどわけの分からない文章になります。

「あ」と入力すると「ち」と入力されてしまう状態です。例えばローマ字で「あいうえお」と入力した時に、かな入力になってしまっていた場合「ちにないら」といった感じでわけの分からない文章になってしまいます。

このかな入力になってしまっている場合はキーボードの「Altキー + カタカナひらがな/ローマ字」を押すことで直ります。

「Altキー + カタカナひらがな/ローマ字」を押すキーボードのイメージ

【解決方法】

「Altキー + カタカナひらがな/ローマ字」を押す

2-1.他の方法

特定のキーを押してもうまく治らない場合は、他の方法で直しましょう。デスクトップ右下の「あ」や「A」と表示されている部分で「右クリック」をします。

言語設定の「あ」や「A」部分をクリック

IMEオプションが表示されるので、「ローマ字入力/カナ入力」の部分で「ローマ字入力」を選択すると直ります。

「ローマ字入力/カナ入力」の部分で「ローマ字入力」を選択

2-2.他の方法2

Windowsのバージョンが少し古い場合は、こちらの方法になります。右下のツールボックスで右クリックして「プロパティ」をクリックします。

ツールボックスで右クリックして「プロパティ」をクリック

プロパティ画面が出るので、「ローマ字入力/かな入力」の部分を「ローマ字入力」に変更して「OK」をクリックすると直ります。

IMEプロパティで「ローマ字入力/かな入力」の部分を「ローマ字入力」に変更して「OK」をクリック

3.カタカナ入力を直す

通常はキーボードで打った文字はひらがなでまず表示されて、そこから変換して漢字などに変換します。これがカタカナ入力になっていると、入力した文字が最初からカタカナになってしまいます。

いきなりカタカナ表示は慣れていないせいか、かなり違和感があるし使いづらいのでイライラします。このカタカナ入力はキーボードの「カタカナひらがな/ローマ字」を押すと直ります。

「カタカナひらがな/ローマ字」を押すキーボードのイメージ

【解決方法】

「カタカナひらがな/ローマ字」を押す

 

逆にカタカナ入力にする場合は、キーボードの「Shift + カタカナひらがな/ローマ字」を押すことで、カタカナ入力になります。

「Shift + カタカナひらがな/ローマ字」を押すキーボードのイメージ

 

4.数字キーが入力できない

キーボードの右側に数字キーがありますよね。下記の赤枠部分です。この部分の数字キーを押しても数字が打てなくなった時の対処法です。

キーボードの右側に数字キーの場所イメージ

数字が打てないだけではなく、急に変なところに移動したりするので結構イライラしてしまう症状です。これは「NumLock」がかかっているのが原因です。

この症状はキーボードの「NumLockキー」を押すと直ります。

「NumLockキー」を押すキーボードのイメージ

メーカーによってはキーボードの「Fnキー + NumLockキー」を押す場合もありますので、試してみてください。

「FNキー + NumLockキー」を押すキーボードのイメージ

 

【解決方法】

・「NumLockキー」を押す
・「Fnキー + NumLockキー」を押す

4-1.他の方法

キーボードに「NumLockキー」が見当たらない!という人は、「スクリーンキーボード」を表示させて「NumLockキー」を押すことで、直すことができます。

まずはデスクトップ画面左下にあるWindowsボタンの右の検索バーに「スクリーンキーボード」と入力します。

Windowsボタン横の検索バー

下図のように検索結果に「スクリーンキーボード」が表示されるのでクリックします。

「スクリーンキーボード」が表示されるのでクリックする

スクリーンキーボードが表示されるので、右下の方にある「オプション」をクリックします。

スクリーンキーボードでオプションをクリックするイメージ

オプションが表示されるので、下図赤枠部分の「テンキーを有効にする」にチェックをいれて「OK」をクリックします。

オプション設定画面で「テンキーを有効にする」にチェックをいれて「OK」をクリック

右下に「NumLockキー」が表示されますので、クリックすると直るはずです。

右下に表示された「NumLockキー」を選択するスクリーンキーボードのイメージ

これで直らない場合は「マウスキー機能」が有効になっている可能性がありますので、「8.マウスキーの解除」を確認して「マウスキー機能」が有効になっていないか確認してください。

コアラ
マウスキー機能が有効になってると直らないこともあるから、確認してみてくれよな

5.Fキー(ファンクションキー)が効かない

Fキー(ファンクションキー)は、キーボードの上部にあるF1~F12のボタンです。下図の赤枠部分です。

キーボードのFキー(ファンクションキー)の場所

メーカーごとに便利な機能をこのボタンに登録したりしているようですが、キーボードで文字入力をしている時には「F6」~「F10」をよく使用するはずです。

  • F6 文字入力を平仮名にする
  • F7 文字入力を全角カタカナにする
  • F8 文字入力を半角カタカナにする
  • F9 文字入力を全角アルファベットにする
  • F10 文字入力を半角アルファベットにする

Fキー(ファンクションキー)をうまく使用することで、カタカナやアルファベットに変換するときのキーボード入力がかなり楽になるので、使えなくなると困ります。

このFキー(ファンクションキー)が押しても反応しない場合は、「Fnキー + CapsLockキー」を押すと直ります。

「FNキー + CapsLockキー」を押すキーボードのイメージ

または「Fnキー + Escキー」を押す場合もありますので、試してみてください。

「FNキー + Escキー」を押すキーボードのイメージ

【解決方法】

・「Fnキー + CapsLockキー」を押す
・「Fnキー + Escキー」を押す

6.固定キー解除

「固定キー」とはWindowsのショートカットキーを使用する場合、同時に押さなくても、1つずつ押すことで実行することができる機能です。

例えば「Ctrl + C」で文章をコピーをする時に、通常であれば「Ctrlを押しながらC」を押す」のが普通なのですが、「固定キー」が有効になっている場合は、「Ctrlを押して離してCを押す」ことでコピーができるようになります。

この症状は「キーボードの設定」から変更することができます。まずはデスクトップの左下にある「Windowsボタン」を右クリックします。

Windowsボタン

ずらーっと項目が表示されるので「設定」をクリックします。

表示される項目から「設定」をクリック

簡易操作をクリックします。

Windowsの設定で簡易操作をクリック

左側の項目を下にスクロールしていくと「キーボード」という項目があるので選択します。

左側の項目を下にスクロールしていって、「キーボード」を選択

「キーボードの設定画面」にある「固定キー機能を使用する」を「オン」から「オフ」に変更すると直ります。

「固定キー機能を使用する」を「オン」から「オフ」に変更する

ちなみに固定キーは、キーボードの「Shiftキーを5回押す」ことで有効にすることが可能です。

7.フィルターキー解除

「フィルターキー」が有効になっている場合は、同じキーを押したままにしてしまった際などに誤入力を防ぐための機能が働きます。

例えばキーボードで「あ」を押したままにすると「あああああああああ・・」と連続で入力されますが、「フィルターキー」が有効になっている場合は、押したままにしても「あ」しか入力されません。

この症状は「キーボードの設定」から直します。デスクトップの左下にある「Windowsボタン」を右クリックします。

Windowsボタン

ずらーっと項目が表示されるので「設定」をクリックします。

表示される項目から「設定」をクリック

簡易操作をクリックします。

Windowsの設定で簡易操作をクリック

左側の項目を下にスクロールしていって、「キーボード」を選択します。

左側の項目を下にスクロールしていって、「キーボード」を選択

「キーボードの設定画面」の中の「フィルターキー機能の使用」の部分を「オン」から「オフ」に変更すると直ります。

「フィルターキー機能の使用」の部分を「オン」から「オフ」に変更する

ちなみに固定キーは、キーボードの「右のShift8秒以上押す」ことで有効にすることが可能です。

8.マウスキー解除

テンキーでの入力が反応しないと思ったら、マウスポインタが動いた!こんな時はマウスキー機能が有効になっているはずです。

この症状は「マスウの設定」から直します。まずはデスクトップの左下にある「Windowsボタン」を右クリックします。

Windowsボタン

ずらーっと項目が表示されるので「設定」をクリックします。

表示される項目から「設定」をクリック

簡易操作をクリックします。

Windowsの設定で簡易操作をクリック

簡易設定画面が出ますので、左側の項目を下にスクロールしていき「マウス」をクリックします。

左側の項目を下にスクロールしていき「マウス」をクリック

「マウスの設定」で下図の赤枠部分の「マウスをキーパッドで操作する」の部分を「オン」から「オフ」に変更すると直ります。

「マウスをキーパッドで操作する」の部分を「オン」から「オフ」に変更する

ちなみに固定キーは、キーボードの「左Alt + 左Shift + NumLockを押す」ことで有効にすることが可能です。

9.まとめ

以上が「キーボード入力がおかしい時の切り替え・対処方法一覧」です。

急におかしくなると焦りますが、切り替え方法や対処方法が分かっていれば、すぐに直せるものがほとんどです。1回覚えてしまえば今後キーボード入力で困ることも少なくなるはずです。

特に「英字が大文字になる」「かな入力になる」「数字キーが入力できない」などは、ちょっとした押し間違いでなってしまう可能性がありますので、切り替え方法を覚えておくと今後のキーボード入力が楽になるはずです。

 

その他のパソコンに関する記事は、

上記の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*