iPhoneで着信拒否の設定方法・解除方法・履歴や通知

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段の日常生活の中で、嫌いな人やもう関わりたくない人からの着信が迷惑に感じるときがありますよね。そんなときに設定するのが着信拒否です。

iPhoneで着信拒否設定する方法は、

【発着信履歴からする方法】

「電話アイコン」→「番号の右のiマーク」→「この発信者を着信拒否」→「連絡先を着信拒否」

【連絡先からする方法】

「設定アイコン」→「電話」→「着信拒否設定と着信ID」→「連絡先を着信拒否…」→「着信拒否設定をしたい連絡先を選ぶ」

上記の2つが基本的な設定方法になります。とても簡単ですね。

でも着信拒否をしたことが相手にバレてしまうかもしれない。。着信のコールで分かってしまうかもしれない。。と不安な要素もありますよね。

そこで今回は2台のiPhoneを使用して、着信拒否の

  • 設定方法
  • 解除方法
  • 履歴は残るか
  • 通知はいくのか
  • 着信拒否された側の表示
  • 着信拒否した側の表示

を実際に検証してみたいと思います。ただキャリアによって違いがあるので、そこはご注意ください。

今回使用しているiPhoneは「iPhoneXR(ソフトバンク)」と「iPhoneSE(UQモバイル)」です。参考にしてみてください。

コアラ
着信拒否設定するのってちょっと怖いよな

1.設定方法

まずはiPhoneで着信拒否設定をする方法を確認していきましょう。着信拒否の方法は

  • 「発着信履歴」から着信拒否設定
  • 「連絡先」情報から着信拒否設定

の方法があります。早速設定してみましょう。

1-1.「発着信履歴」から着信拒否設定する方法

まずは「発着信履歴」から着信拒否設定をする方法です。この方法は主に「連絡先に登録していない電話番号からの迷惑電話」に対して、着信拒否設定をするときの方法になります。

ホーム画面から「電話」を選択

まずはiPhoneのホーム画面にある「電話」のアイコンをタップします。

iPhoneのホーム画面にある「電話」のアイコン

履歴を選択して右端「i」を選択

電話を開いたら下の部分に「よく使う項目」「履歴」「連絡先」「キーパッド」「留守番電話」の項目があるので「履歴」をタップして、着信拒否したい番号の右側にある「i」をタップします。

「電話アイコン」を開いた時の画面

「この発信者を着信拒否」を選択

「i」をタップしたら、その電話番号の詳細画面が表示されるので、下側にある「この発信者を着信拒否」をタップします。

電話の右側のiを開いた時のに表示される電話番号詳細画面

「連絡先を着信拒否」を選択

下図のようなポップアップ画面がしたから出てくるので、「連絡先を着信拒否」をタップします。

「連絡先を着信拒否」が表示されたポップアップ画面

着信拒否設定の完了

これで着信拒否設定完了です。下図のように、先ほどの電話番号の詳細ページの下側にある「この発信者を着信拒否」が「この発信者の着信拒否設定を解除」に変わっていれば、無事に着信拒否設定がされています。

「この発信者の着信拒否設定を解除」が表示された電話番号詳細画面

1-2.「連絡先」情報から着信拒否設定する方法

「連絡先」から着信拒否設定をする方法です。この方法は主に「すでに登録している電話番号からの迷惑電話」に対して、着信拒否設定をするときの方法になります。

ホーム画面から「設定」を選択

まずはiPhoneのホーム画面から「設定」をタップします。

iPhoneのホーム画面の「設定」アイコン

「電話」を選択

設定の項目がズラーッと並んでいるので、その中から「電話」を探してタップします。

設定の項目の中の「電話」の場所

「着信拒否設定と着信ID」を選択

電話の設定画面が表示されたら「着信拒否設定と着信ID」をタップします。

設定画面の電話を開いた画面中の「着信拒否設定と着信ID」の場所

「連絡先を着信拒否…」を選択

下図の赤枠部分の「連絡先を着信拒否…」をタップします。

「着信拒否設定と着信ID」画面の「連絡先を着信拒否・・・」の場所

着信拒否したい連絡先を選択

iPhoneに登録してある連絡先リストが表示されますので、その中から着信拒否設定をしたい連絡先を選んで、タップします。

 着信拒否設定リストに追加する連絡先を選択する画面

着信拒否設定の完了

これで着信拒否設定の完了です。下図のように「着信拒否設定と着信ID」の画面に、選択した連絡先が表示されていれば、設定が完了しています。

「着信拒否設定と着信ID」の画面に、着信拒否設定で選択した連絡先が表示されている画面

コアラ
これで着信拒否完了だ!

2.解除方法

着信拒否設定をしたけど、「やっぱり勘違いだった」「なんだかんだ仲直りした」等の理由で、着信拒否設定を解除したい場合もありますよね。

解除は「設定」や「履歴」から解除可能です。やり方は簡単なので、確認してみましょう。

「設定」を選択

まずはiPhoneのホーム画面から「設定」をタップしましょう。

iPhoneのホーム画面の「設定」アイコン

「電話」を選択

「設定」の項目の中から「電話」を探してタップします。

設定の項目の中の「電話」の場所

「着信拒否設定と着信ID」を選択

「設定」の項目の中から「着信拒否設定と着信ID」をタップしましょう。

設定画面の電話を開いた画面中の「着信拒否設定と着信ID」の場所

右上の「編集」を選択

着信拒否設定した連絡先が表示されているのを確認して、右上にある「編集」をタップします。

「着信拒否設定と着信ID」の右上にある「編集」の場所

解除したい連絡先の左側に表示された「-」を選択

「編集」をタップすると、着信拒否した連絡先の左側に「-」のマークが表示されますので、解除したい連絡先の「-」をタップしましょう。

着信拒否した連絡先の左側に表示される「-」のマーク

「着信拒否設定を解除」を選択

「-」をタップすると、右側に「着信拒否設定を解除」が表示されるので、タップしましょう。

着信拒否した連絡先の左側に表示される「着信拒否設定を解除」のアイコン

これで着信拒否設定解除の完了です。

ちなみに着信拒否している番号を「連絡先」や「着信履歴」から選択して、下側にある「この発信者の着信拒否を解除」を選択することでも、解除可能です。

「連絡先」や「着信履歴」画面の下側にある「この発信者の着信拒否を解除」の場所

3.履歴は残るか

着信拒否した場合「相手側に普通に着信履歴が残るのか」が気になりますよね。今回2台のiPhoneで試した結果

  • 着信拒否された側(電話かける側) → 発信履歴が普通に残る
  • 着信拒否した側(電話うける側) → 着信履歴は残らない(留守電設定をしていれば留守電が残る)

上記の内容でした。

なので「電話かける側」は通常と同様に履歴が残ります。「電話うける側」は留守電設定を解除しておけば、着信があったことも分からないので、迷惑電話に悩むこともなくなるでしょう。

4.通知はいくのか

着信拒否をした場合に「相手に通知はいくのか」気になりますよね。

今回2台のiPhoneで何度も着信拒否設定をしたり、解除したりしましたが、設定しただけでは何も通知はいきません。まあそんなことで相手に通知がいったらトラブルが増えるので、当たり前のことなんですが、分かっていると安心ですからね。

コアラ
通知が相手にいったら最悪だよな

5.着信拒否された側の表示

実際に着信拒否をした場合、電話をかけた着信拒否された側のiPhoneにはどのように表示されるのか」、これも気になりますよね。

なかなか検証できないことですが、今回は

  • どのように表示されるか
  • コールは鳴るのか
  • 着信拒否と分かるアナウンスは流れるのか

を実際に2台のiPhone(iPhoneXRとiPhoneSE)を使用して実験してみました。

5-1.どのように表示されるのか

「着信拒否された側」から「着信拒否した側」に電話で連絡した場合、どのように表示されるか実際に電話して検証してみました。

結果は電話したときの表示は通常と変わりませんでした。普通に電話したときと同じで、相手の名前や電話番号が表示される、ふつうの電話のときの画面が表示されます。

着信拒否された側に実際電話した時に表示される電話画面

5-2.コールは鳴るのか

「着信拒否された側」から「着信拒否した側」に電話で連絡した場合、コールは鳴るのか検証してみました。

基本的にコールは鳴りませんが「留守電を設定しているか、いないか」で変わってきます。iPhoneの留守電設定は「設定 → モバイル通信 → キャリアサービス」で設定可能ですので、確認してみましょう。

留守電を設定している

留守電を設定している場合は、一発で留守電メッセージが流れます。コールはなくいきなり留守電メッセージになります。

留守電を設定していない

留守番電話を設定していない場合は、キャリアによってメッセージが違うみたいです。今回試した2台のiPhoneの場合は、

  • ソフトバンク → 「ツーツーツー・・」と話し中のような呼び出し音
  • UQモバイル → 「おかけになった電話をお呼びしましたが、お出になりません」とアナウンス

こちらもコールはなくいきなり上記の内容が流れます

5-3.着信拒否と分かるアナウンスは流れるのか

「着信拒否された側」から「着信拒否した側」に電話で連絡した場合、明らかに着信拒否していることが分かるようなアナウンスが流れるか検証してみました。

結果としては明らかに着信拒否と分かるアナウンスは流れませんでした。ですがコールが鳴らず「一発留守電」「一発で話し中」になるので、分かる人にはバレるかもしれません。

6.着信拒否した側の表示

実際に着信拒否をした場合、拒否した相手から電話がきたら、「着信拒否した側のiPhoneにはどのように表示されるか」をご紹介していきます。今回は

  • どのような表示が出てくるのか
  • 着信は鳴るのか

を実際に2台のiPhoneを使用して実験してみました。

6-1.どのような表示が出てくるのか

「着信拒否した側」に「着信拒否された側」からに電話連絡が来た場合、どのような表示がされるか検証してみました。

基本的に通常の着信が来た場合のような画面は出ません。あとは「留守電設定をしているか、していないか」で表示が変わってきます。

留守電を設定している

留守電を設定していて、相手が留守電メッセージをいれてきた場合は、留守電の部分にメッセージがありますよーという表示(赤い丸が付く)が表示されます。

留守番電話に赤丸が付いた時の例

留守電を設定していない

留守電を設定していない場合は、着信履歴の部分に何も表示されません。つまり着信があっても分かりません。

着信履歴に何も表示されていない例

6-2.着信は鳴るのか

「着信拒否した側」に「着信拒否された側」からに電話連絡が来た場合、通常の電話のような着信音がなるのか検証してみました。

着信拒否していれば着信音は鳴りません。なので通常のような着信画面が表示されることもありません。電話が来たことも気づかないはずです。

コアラ
着信拒否すれば迷惑電話も気にならなくなりそうだな!

7.まとめ

以上が「iPhoneで着信拒否の設定方法・解除方法・履歴や通知」です。

着信拒否設定するときは相手側にバレるかもしれないと不安になってしまいますよね。

実際に2台のiPhoneがないとなかなか検証はできないですが、実際に「着信拒否される側」「着信拒否する側」がどう表示されるのか分かれば、安心できるはずですので、参考にしてください。

その他の携帯・スマホ関連の記事は、

上記の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*