パソコン画面の拡大・縮小・全画面表示の直し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンでネットを見ていると画面が突然「拡大・縮小」してしまったり、ウィンドウや動画が「全画面表示」になって困ったことありませんか?

まさに今その状況なんだよ、という方もいるかもしれませんが、簡単に直すことができるので安心してください。

結論から言うとウィンドウが「拡大・縮小」してしまった場合は

  • 「ctrlキー」を押しながら「0キー」を押す

ウィンドウや動画が「全画面表示」になった場合は

  • 「F11キー」を押す
  • 「Escキー」を押す

この操作で大体は直ります。押してみてください。

もしこれで直らなかった場合や、もう少しサイズを自分好みに調整したい場合は、これから細かく説明していきますので参考にしてください。

コアラ
急に全画面表示になると焦るよな

1.ウィンドウが拡大・縮小してしまった場合

ネットや動画を見ていたウィンドウが急にいつもより大きくなったり小さくなってしまった場合の直し方です。キーボードやマウスを使って直す方法や設定画面から直す方法があります。

1-1.キーボードで直す

パソコンでネットや動画を見ていてるウィンドウが「拡大・縮小」してしまった場合は、「ctrlキー」を押しながら「0キー」を押すことで直ります。

キーボードの「ctrlキー」と「0キー」の位置

直るというよりはサイズがデフォルトの「100%」に戻ります。サイズの微調整をしたい場合は下記を参考にしてください。

拡大

拡大をする時は、キーボードの「ctrlキー」を押しながら「+キー」を押すことで、少しずつ拡大されます。

キーボードの「ctrlキー」と「+キー」の位置

縮小

縮小をする時は、キーボードの「ctrlキー」を押しながら「-キー」を押すことで、少しずつ縮小されます。

キーボードの「ctrlキー」と「-キー」の位置

上記方法で調整することができます。

1-2.マウスで直す

ウィンドウの拡大・縮小はマウスを使って直すこともできます。操作は簡単で、キーボードの「Ctrlキー」を押しながらマウスホイールを回すだけです。これで拡大・縮小ができます。

マウスホイールの位置

ウィンドウだけではなく、デスクトップ画面の拡大・縮小もこの方法で変更することができます。

コアラ
なれるとこれが一番簡単かもな

1-3.Windowsの設定から直す

Windowsの設定画面からも拡大を直すことができます。この方法では

  • ウィンドウ
  • デスクトップ画面

の両方の拡大の設定をすることが可能です。

まずはデスクトップ画面の左下にある、「Windowsボタン」を右クリックします。

デスクトップ左下にあるWindowsボタン

「設定」をクリックします。

Windowsボタンを右クリックして表示される設定一覧

Windowsの設定画面が表示されるので、「システム」をクリックします。

Windowsの設定画面から「システム」を選択

拡大縮小とレイアウト部分の「テキスト、アプリ、その他項目のサイズを変更する」を100%に直します。

拡大縮小とレイアウト部分の「テキスト、アプリ、その他項目のサイズを変更する」の場所

これで拡大された画面がもとに戻っているはずです。

1-4.ブラウザの設定から直す

ウィンドウが拡大・縮小してしまった場合は、各ブラウザ(IE・Chrome・Fairfax等)の設定からも直すことができます。各ブラウザの右上に「・・・」のようなマークがあります。これが各ブラウザの設定部分です。

この「・・・」のようなマークをクリックすると項目がでてきます。そこに「ズーム」の設定があるので100%に直すと元通りになるはずです。

ブラウザの設定画面の「ズーム」の表示位置

この部分の「+」「-」をクリックすることで、ウィンドウの拡大・縮小を調整することもできます。

2.ウィンドウが全画面表示になった場合

ウィンドウが全画面表示になった場合の直し方です。これ焦るんですよね。でもすぐ直ります。キーボードとマウスで直す方法があります。

2-1.キーボードで直す

パソコンでネットや動画を見ていてるウィンドウが「全画面表示」になってしまった場合は、「F11キー」を押すことで直ります。

キーボードの「F11キー」の位置

2-2.マウスで直す

マウスで直す場合は、デスクトップ画面の一番上にマウスカーソルを持っていくと、「×印」が表示されます。この「×印」をクリックすることで、全画面表示が直ります。

デスクトップ画面の一番上にマウスカーソルを持っていくと表示される「×印」

3.動画が全画面表示になった場合

再生している動画が「全画面表示」になってしまった場合は、「Escキー」を押すことで直ります。

キーボードの「Escキー」の位置

4.ブラウザだけ消したい場合

ネットや動画を見ていて全画面表示になってしまい、これまでの方法で直らなかった場合は、一度ブラウザを強制的に終了させてしまうことができます。

どうしても直らない場合はこの方法を試してみましょう。

まずはキーボードの「ctrlキー + Shiftキー + Escキー」を押します

キーボードの「ctrlキー + Shiftキー + Escキー」の位置

下記のタスクマネージャーの画面が表示されるはずです。

タスクマネージャーのウィンドウ

消したいブラウザを選択して「タスクの終了」をクリックします。

終了したいブラウザを選択して「タスクの終了」をクリック

これで選択したブラウザが終了されたはずです。

コアラ
直らなければ消す。これで解決

5.まとめ

以上が「パソコン画面の拡大・縮小・全画面表示の直し方」です。いきなり見ていた画面が全画面表示になると焦りますよね。こっそり見ていた動画やネット画面ならなおさらです。

直し方が分かっていれば一瞬で直すことができますので、いつでも直すことができる準備はしておきましょう。

その他のパソコンに関する記事は、

上記の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*